米肌トライアルセットの口コミです。使ってみてどうだった・・・?

・・・というわけで(?)
とりあえずトライアルセットを使ってみることにしたので口コミレポートをします。

☆前回の記事↓
米肌(コーセー)とドモホルンリンクル(再春館製薬)を比べてみる

スポンサーリンク

トライアルセットのお値段と外観

トライアルセットのお値段は1,500円(税込・送料込・14日分)です。
米肌には実は3つのラインがあって

  • 紺色の肌潤セット(基本ライン)
  • 白色の澄肌セット(ビタミンC誘導体を配合。美白をプラス)
  • 金色の活潤セット(エイジングケアに特化)

という3つのラインがありそれぞれのトライアルセットがあります。

本製品の化粧水の値段で比較すると、

肌潤セット:5,000円
澄肌セット:5,500円
活潤セット:6,000円(本当は7,000円。キャンペーン中なので6,000円)

という値段の差があります。


米肌シリーズ

トライアルセットは、肌潤と澄肌が税込・送料込みで1,500円、
活潤が1,800円です。

トライアルセットは14日分。基本ラインがそろっている

トライアルセット1,500円

トライアルセットは14日分で1,500円です

米肌は通販限定なので、通販サイトで申し込みをします。
(ドラッグストアや楽天・アマゾンでトライアルの取り扱いはないようでした。2017年9月調査)

肌潤石鹸

すごーーーく気に入ったのがこの肌潤石鹸。

肌潤石鹸

こういう石鹸ってたいてい、泡立てネットと一緒になってることが多いのですが、
この石鹸はネットはついてませんでした。

でも、

少し水を含ませてくるくるすると

肌潤石鹸、泡立ち

泡立ちネットナシでも泡立ちがいい

すごくキメ細かな泡がカンタンにブクブクしてきます。

フワッフワで気持ちのいい泡でした。

ちなみに香りはわたしは気にならない・・・というかほぼない感じでした。

化粧水

次が化粧水。
香りは、すこーしだけお米のとぎ汁みたいな香り・・
それもかなりの微香なので気が付かないかもしれないレベルです。

・・・というか「米」肌なので、お米お米と思っているとそう思えてくるのかも(苦笑)

化粧水は手にのせたら、肌にぴっとりつける感じでお手入れします。
ここでも絶対「ゴシゴシしたらダメ!!」

肌潤化粧水

わかりにくいですが、透明な化粧水です。

化粧水

ペタペタとつけているとしっとりします。

美容液(肌潤改善エッセンス)

結構すーーーっとなじむ美容液でした。
これもお米のとぎ汁みたいな香りがしたようなしないような。

肌潤改善エッセンス

でも古くから、お米のとぎ汁で顔を洗うとか、
米ぬかで肌を磨くとかそういうのがあったから、違和感ないです。

むしろ、ライスパワーNo.11とか発見されない頃からなんとなくお米食べる環境の人は知っていたのかも。

美容クリーム(肌潤クリーム)

本製品には「肌潤ジェル」と「肌潤クリーム」がありますが、
トライアルセットには「肌潤クリーム」が入っていました。

肌潤ジェルは、さっぱりタイプのジェルで春夏におすすめなのだとか。

でも私は特にベタつきも感じなかったので、
オールシーズンこれでいいかなーと思いました。

一週間経過。使ってみてどう?

肌の改善は、ほんの1週間程度ではどうこう判断できるものではないと思うのですが、
使ってる感じは悪くないです。

わたしは乾燥肌・年齢肌ですが、
あまりこってりしたクリームだとベタついてしまって肌が重く感じるのですがそれもなく、

強い香りに辟易することもなく、

ごくごく自然に使えているし、お化粧ノリもいいです。

ちなみにドモホルンリンクルも使ってみたのですが
香りもいいし肌の調子もいいし、確かにとてもいいモノだったのですが

お手入れステップが多く面倒くさがりの私※にはなかなか続けづらかった…

その点米肌はトライアルセットにある3つでお手入れするのは特に苦ではありませんでした。

そして色々チェックしていたら、
この「米肌」が意外と安い(3割引)ということも気づきました。
くわしくはこちらで。

というわけでこのトライアルセット気に入りました。
このサイズの化粧水、旅行や出張のときにもちょうどよいサイズです。
本製品を買ってポイント(マイルというらしいが・・・)をためるとまたもらえるんだそうです。

損のないトライアルセットだったので、
本製品を検討する前にはぜひとも試してみるのがオススメです。


※でも逆にオールインワンゲルというやつも苦手なんです・・・
普通に化粧水と乳液と・・・っていうのが性に合っていて好きです。