45歳以上向けの基礎化粧品を調べてみた

子供たちも大きくなり、わたしも気づけばアラフィフです。

年齢があがるにつれて、トラブル肌になり基礎化粧品の値も高価になっていく・・・(恐)

そんなわけで
シニア向けの基礎化粧品ってどんなのがあるかチェックしてみました。

※トライアルセットの有無、製品版の値段もチェックしてみます。
製品版は比較しやすいよう、「化粧水」の位置にあるものの値段をピックアップしました。

アヤナス


ポーラ・オルビスホールディングを株主に持つ関連会社、株式会社decenciaのプレミアムエイジングケアシリーズ。
お試しセットは10日間分が1,480円。
製品の定価は、アヤナスRCローション125mlが4,860円ほか。
ドモホルンリンクル
無料お試しセットで有名な年齢化粧品、ドモホルンリンクル。
お試しセットは3日分、無料。
和漢、がコンセプト。生薬「痛散湯」や「強力蘇命湯」を開発・製造・販売する再春館製薬所の化粧品。ちなみに「ドモホルンリンクル」という名称の意味はドモ(Domo)はで「抑制(ラテン語)」、ホルン(horn)は「角質(ドイツ語)」、リンクル(Wrinkle)は「シワ(英語)」で「年齢に負けない肌づくりを」という意味。
製品を使ってみた感想はこちら
製品の定価は、保湿液 120ml 5,400円ほか。
アスタリフト


富士フィルムが研究・開発したアスタリフト。フィルムメーカーならではのナノ化技術で有効成分(セラミド・アスタキサンチンとリコピンなど)をナノ化して肌へ届ける。
お試しセットは5日分、1,000円
製品の定価は、アスタリフト モイストローション 130mL 4,104円ほか。
米肌(まいはだ)


コーセープロビジョン(コーセーの子会社)の通販専用商品。店頭では販売していない。造り酒屋に古くから伝わる醸造発酵技術を応用したライスパワーNo.11 により、陶器のような肌をめざす。
お試しセットは14日分の4点セットで 1,500円
製品の定価は、肌潤化粧水 120ml 5,000円。でも詰め替え用のパウチもあり、そちらだと110ml 4,500円。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする